プロフェッショナル資格者集団(警察OB、検察OB、国税OB等)による企業調査や経営コンサルタント

不正調査

fusei_s

企業の役員・従業員による不正経理や横領、残業時間水増し等の不正行為、パワハラ・セクハラ等の問題行為、取引先による契約違反行為や取り込み詐欺、不動産取引やM&Aにおける告知義務違反等々、およそ不正行為や問題行為の疑いがあるときには、徹底した事実調査を行い、報告書にまとめて証拠保存します。

例えば、従業員による横領が疑われる時には、公認会計士や税理士が会計帳簿類から不正経理の有無及び内容を調査して損害額を明らかにし、警察OBの行政書士や警察・検察OB弁護士等の調査員がサーバデータや通信履歴等の物証の収集や利得金の行方を調査したり、社会保険労務士や弁護士らが従業員や取引先等の関係者からヒアリングするなどして、不正行為の有無及びその全容の解明に努め、後の紛争解決に備えて、証拠を収集・保全します。

警察への告訴は警察OBの行政書士や警察・検察OBの弁護士が行い、損害の回収のための交渉や民事訴訟は弁護士が実施し、また、不正発覚後のこれら事後対応だけではなく、不正行為の予防のための各種提案(就業規則や各種規定類の整備、不正がそもそもできないシステム構築等)やコンプライアンス委員会運営等の支援も行います。

お気軽にお問い合わせください TEL 札幌 011-222-9311 東京 03-6300-4119 電話受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ] 

PAGETOP